利用者の声②「父が趣味で高級ワインを集めていた」

2017年12月02日 13:35

大量のワインをうまく価値にできた

もうひとつ体験談をご紹介します。
その方は、都会で働く普通のサラリーマンの方でした。
ご尊父が亡くなられたタイミングで部屋整理をしていたところ、趣味だったワインがたくさん出てきたのをきっかけに、家では誰も飲まないため買取りを希望していました。

しかし、何せコレクターとしても活動していたご尊父のワインはかなり数が多く、自分で持っていくのはかなり難しい状態。
そこで彼が利用したのが宅配買取りでした。
丁度少し遠方の店舗でこのサービスをしており、送られてきたキットにワインを詰めて発送しました。
方法も確立しており、安心です。
査定をお願いしたところ、年代物でかなり人気の高いワインがそろっていたようで、なかなか良い値段でもあったため、売りに出すことに決めました。

 

大量にあったワインには宅配がおすすめ

このワイン買取りのケースでは、高級ワインが大量にあるという状態にうまく対処できたのがよかったといえます。
何より、品質を劣化させることなく、確立されたキットで安全に運搬してもらえたのが功を奏しています。
通常ワインの宅配ではダンボールなど簡素なものが送られてくることも少なくありません。

こうしたダンボールの場合、運送会社が乱雑に扱ったために破損してしまったケースが少なくなく、どうしても品質を落としてしまったり、使い物にならなくなってしまうケースが少なくありません。
大量のワインをうまく運搬するには、こうした専用キットを使った宅配サービスはかなりメリットがあることがわかります。
そのためには、単純にワインの取り扱いがある店を探すだけでなく、こうした方法もしっかりと押さえた上で店舗を決定する必要があります。

保存状態が良かったのもポイント

この体験談では、父親がコレクターであり、かなり良い状態でワインが保管されていたことがわかります。
書かれていませんが、コレクターというところで、付属品や保存状態がかなり徹底されていたのでしょう。

こうした保存状態の良い年代物ワインはそれだけでひとつの価値となりえることがあります。
また、それを複数、種類ごとにもっていたとなると、かなり価値が高いのは当然です。
今手持ちのワインの当たり年を揃えてから売ることでかなりの価値を得ることができるというのもまたひとつの手です。
そして、ワインの保存状態がいかに大切なのかというのが良くわかります。